100V電気炉をお使いの方へ

100Vの陶芸用電気炉・七宝用他電気炉をご使用のお客様へ

「地震感知・出火防止コンセント」をお勧め致します。

【陶芸用の電気炉をご使用の方へ】

家庭用電気炉の場合、その手軽な大きさからご自宅の中でお使いの方もたくさんおられます。

そして焼成には長時間電気を使いますので、電気代節約に有効なのが電気使用プランである「eスマート10※」です。

上記の理由により夜間に焼成されている方が多いと思われます。

家族全員が寝静まる深夜、突然の大きな地震!!

激しく揺れてもコンセントからプラグが抜けず、約1300℃の高温で動き続ける小型電気炉…

震度5以上ともなると地震の揺れ方や設置場所によっては転倒してしまう事も考えられます。

倒れて炉蓋が開き、カーペットや壁紙、カーテンなど可燃物に引火――。

最悪の事態を想定すればキリがありませんが、確立はゼロではありません。

※eスマート10とは…ご使用になる季節や時間帯によって電力量料金単価が異なる関西電力の料金プランです。割安な時間帯に電気を使用することで電気料金の削減につながります。その他の地域については各地域の電力会社ホームページをご確認下さい。

【七宝用の電気炉をご使用の方へ】

また七宝用電気炉をお使いの際、基本的に焼成中は作品を気にかけ電気炉の前におられる事と思います。

同様に震度5以上のイスから立てないほどの強い揺れが起こった場合、机の上や棚から物が滑り落ち部屋中が散乱する中、「すぐさま電源を切る」ということを思いつくでしょうか。

落下物から自分の身の安全を確保する事、お子様やお年寄りなど家族への心配や、避難経路のこと。もしかすると冷静でいられなくなり、頭が真っ白かもしれません。

さらに避難後、建物は大丈夫だったが転がった電気炉から火が上がってしまった、なんて事も考えられます。

また古い電気炉(メーターがアナログのもの)の場合は、停電から電気が復旧したとき、自動で再び温度上昇を開始します。

倒れたり作業机から落下して炉蓋の開いた状態の電気炉が、数百℃という温度となり火災の原因に―。

大切な家財や書類、思い出の品など、すべて失ってしまうという可能性もあります。

電気炉は火を扱うものですので設計には最大限の安全機能を搭載しておりますが、災害時に何が起こるかなんて、誰にも予測はつきません。

また、災害が起こるとも起こらないとも言い切れません。

ですが電気炉を「地震感知・出火防止コンセント」に接続する事で、先に挙げた火災の原因は少なくとも防止する事ができます。

このコンセントは、こういった家庭用の電気炉に対し、一番防災効果のあるものだと考えております。

日頃使い慣れた電気炉にも安心を。

この機会に是非ご検討下さいますようお願い申し上げます。

よくある質問

Q1:取り付けはどのようにするのですか?
A1:弊社より電気工事店をご紹介させていただきます。
取り付けは電気工事士有資格者の施工となります。

Q2:電気代はかかりますか?
A2:かかりません。

はじめに

この度「地震感知・出火防止コンセント」をご紹介させていただくにあたり、

まずはじめに「何故このコンセントが必要なの?」という基本的な疑問にお答えしたいと思います。

近年、大きな地震が起きた時、火災被害の中で多くを占めているのが『電気火災・配線火災』と言われています。

大地震直後は停電により家電品は一切使えない状態なので、漏電火災などの心配はありません。

しかし避難して誰もいなくなった自宅では…

倒れっぱなしになった冷蔵庫やつけていたテレビ、落下などで破損した家電品や、主電源が切れていてもコンセントに繋がっている半断線した電源コードなど、そういったものに再び電気が流れ、ショート等が原因で起こる火災が最も多かったのです。

地震で強く揺れている非常事態の中では自身の避難や家族の安全を最優先するため、コンセントからプラグを抜いたり主電源を落とす余裕もなく、命からがら自宅から退避することと思います。

また、阪神・淡路大震災の一例では、震災発生の3時間後に電力が復旧。

しかしその時点でガス会社の対応が追いつかず、あちこちでガスが吹き出して いました。

神戸市内で発生した火災の大部分は、この残留ガスに倒壊した建物の電化製品 からショートした火花で引火したものと考えられるそうです。

災害時には予想のつかない【まさか】が多発するものです。

このコンセントの持つ本当の意味とは、生命や財産を火災から守ることは元より、火災などの起因となりうるものに対して事前に対処しておくことで、意識だけではなく現実的な安心・安全対策を打つということではないか考えます。

そういった考察や経験を元に、京都大学防災研究所との開発により完成した 「地震感知・出火防止コンセント」。

このホームページでは、その優れた防止機能をご説明致します。